年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/07/06(金)   CATEGORY: 妊婦日記
妊婦日記☆33週
はい、33週になりました。9ヶ月目ですよ。
寝たり起きたりする頃、だそうです。
何だそれ??私が?宝宝が?
ん~。今までも、寝たり起きたりしてたんじゃ…(^^;

ちなみに、こうやってblogに書いてる”今週期のお言葉”は、
たまひよの携帯サイトでもらった、
待ち受け画面に書いてあるものです(^^)
キャラクターのたまちゃんの絵と共に、
何週と何日目か、って毎日出てくるのでとても便利♪

で、この待ち受けは便利なんだけど、
ケータイたまひよのサイト、
無料でメルマガとかも登録できるものの、
肝心の詳しい情報を見たいと思ったら、
有料登録(300円)が必要だったりして、
ちょっと詐欺やん!とか思ってしまう(苦笑)
今週は、相公が一週間出張だったので、
また実家に帰ってました。
自宅をあけるのは、それなりに準備がいったりして、
結構面倒くさいです…(汗)
食材、腐らないように、食べきったり、
実家に持ってったりしないといけないし、
新聞止めたり何だり。
ぬか床も、つわりの時に一度ダメにしたから、
実家に一緒に持ってったり、
かたつむりのマイマイも連れてったり。
結局、あれやこれやで週3回くらいは自宅にも戻ったりして、
意味あるんかいな、って感じではありますが。
両親は喜んでくれるので、ね(^^;

実家だと、料理とかもしなくて良いんだけど、
逆に何にもする事がなくて…(爆)
チャンネル権もないから、ドラマも好きには見れないし(^^;
梅雨時なので、雨が降ったりするとウォーキングも出来ず、
動かないんでちょっと良くないです。
足のむくみも進んでしまいます。

こないだ帰った時は感じませんでしたが、
今回、独身時代に使っていたベッドが固くて固くて。
ここだと、仰向け寝したら物凄く苦しかった!
しょっちゅう足もつってました。
今度、出産前に帰る時は、抱き枕も一緒じゃないと辛いな…。

という事で、里帰り出産の予行練習にはなりました(^^)

ちなみに、本日は相公、帰ってくるって事だったんで、
私も自宅に戻ったら、
急きょ、トラブル発生で、もうひとつの現場に寄る事になったとか。
帰りは明日か明後日だって(^^;
可愛そうにね~。
明日はランチをご馳走してもらう予定だったのに、
相公は間に合わず、キャンセル!!(爆)
男はつらいよ!ですかね。
いや、ほんと、良く働いてもらって、感謝しております!




仕事を辞めて約1年、
私のリアルでの交友関係も、
いわゆる近所の”ママ友”との交流とかに移行してきました。
…なんかこの言い方照れるんだけど、
便宜上、この方が解りやすいので使ってます(^^;

あと、ご近所じゃない、違う繋がりであっても、
昼間会う人って、
やっぱり”ママさん”だったりする確率が高いので、
子育ての話、ほんと良く聞くようになりました。
まぁ私が妊娠してるから、ってのもあって、
そっちの話ばかりになるのかもしれませんが。

先輩ママさんの話とか聞くと、
ほんと子育てって大変なんだな~、
と思う事しきり、です。
子供はしょっちゅう病気をするらしいし、
旦那さんは仕事が忙しくてなかなか手伝ってもらえないようだし、
子供は親の気も知らず騒ぐし。
時に頭に来て、ガーッと怒ったりして、
その後、自己嫌悪に陥るとか。

あ~、私にもそのうち、そんな日が来るんだな~。
でも実家が近い=手を貸してもらえる人がいる、って事で、
きっと皆さんより、ずっと恵まれてるんだと思います。
何と言うか、こんな甘くて良いのだろうか…とか考えたり。
でもその分、他のママさんの力になれたらいいな。
やっぱり助け合いって大事だと思うし。

私にとっては、ものすごく気が早いですが、
どこの中学が良いか?みたいな話題も出たりするのでした。
と言っても、田舎の事なので、私立の学校もほんと少なく、
普通にしてたら、近くの公立中学に進学する訳ですね。
(この辺では、幼稚園とか小学校の”お受験”はほとんど聞いたことないです)
他所の土地から嫁いできた、幼稚園児のママさん達は、
「●●中学は悪いらしい」「▽▽中学も悪いらしい」
なんて言ってまして、「どうしたら良いんだ~!」とお悩みの様子。
地元出身の私としては、自分が中学生の頃も
●●中学は悪いとか言われてたけど、
それは一部の人であって、一般の生徒は普通でした。
今も昔も、そんなもんなんじゃないの~?
なんて思っていたんですけれど。

現在、中学生のお子さん2人を持つお母さん曰く、
とにかく、今の公立中学はどうしようもない!と。
学級崩壊は当たり前、参観日でも生徒は半分寝てる、
教師は注意しない、当然イジメもあるし、教師の体罰もある。
…どうも話を聞いてると、
一部の生徒が悪いのは昔と同じかもしれないけど、
昔と大きく違う所をあげるとしたら、
先生が宜しくないのらしい。
見て見ぬふりをしたり、その場しのぎの対応で、
問題解決をしなかったり、悪い子よりも大人しい子に矛先を向け、
理不尽な体罰を行ったりするのだとか。
全員の先生がそうなのかどうかは解りませんが、
ノイローゼになって先生を辞めてしまった人も知ってるので、
事なかれ主義でやりすごしている先生も多いのかもしれません。
…それから、問題を起こす子供の保護者。
子供が喫煙してると注意連絡しても、
「そんな程度の事で連絡してくるな!」
とか…色々、いろいろ問題あるのだそうです。

…報道で、事件があれば色々聞きますが、
この程度の事は日常茶飯事なのですね…。
つい最近も、自殺の練習をさせてたのに見て見ぬふりしてた、
なんていう痛ましい事件がありましたが。
あれも、普段からこういう事が積み重なっていたのかもしれません。

で、そのお母さんは、もっとお金さえあれば、
越境させてでも、子供を全員私立中学校にやりたかった!
と言ってました。東大進学者が出たとかで、力を入れているし、
授業のやり方にしても、子供に興味を持たせるようなカリキュラムで、
子供本人も、すごくそちらに行きたがっていた、と。

その話をしてくれたお母さんのお子さんは、
現在、色々あって、イジメにあっているそうで、
大変、心を痛めておられました。
お母さんご自身も明るい、感じの良い方だし、
話を聞く限りでは、そのお子さんに問題があるとも思えません。
ごく真面目な、優しい、普通のお子さんのようです。
転校させる事も視野に入れてる、とは言われてましたが、
これ以上、問題が酷くなる前に、
何とか問題が解決される事を祈るばかりです。

とにかく、今は自己防衛するしかない時代だから、
っていう事で、そのお母さんは子供たちに武術を習わせたり、
英会話も0歳から習わせたり、色々しているのらしい。
これも親心、ですね~。

でも、逆に、お金持ちばかり通う私立中学に通わせてた
普通のサラリーマン家庭のお母さんもいて、
そっちはそっちで、娘が浮いてしまってイジメにあったとか。

なんか難しい!!こうすればOKっていうのは無いんだな~。

で、これら話を聞いて、
当然、我が家に置き換えて考えてしまうのですが。

先生が、学校が、何かあったら守ってくれる、
というのは有りがたいけれど、
それでも学校を出て、いつか社会に出たら、
身内以外は誰も守ってくれない時が来る事もあると思います。
その場その場で、誰かに守ってもらえる事より、
早い内から、理不尽な人にも対応できる能力を養う方が、
長い目で見たら、大事なのではないかと思ったり。
勿論、程度問題はあると思うので、
最期の最期は親が守ってやらないと、とは思うのですが。

私立のカリキュラム、これはとても魅力的だと思うんですが、
勉強に興味を持たせるのに、
学校だけに頼らなくても、家庭でも何か出来る気がする。
一緒に色んな所に連れて行って、経験させたりとか。
一緒に本を読んだりとか。
勿論、口で言うより、実行するのは大変だとは思うんですけどね(汗)

この年頃から、バスや電車を乗り継いで、
遠くの学校に通わせるのは、
それはそれで可愛そうな気もします。
限られた時間の中で、他にやりたい事もあるでしょう。
私も勉強より部活ばっかりしてたからな~(^^;

まぁそもそも、宝宝は私達の子供なんで、
物凄く優秀、って訳もないと思うので、過分な期待はしてないです。
何とか、普通の、幸せな人生を送って欲しいな、と。
でも今は、その”普通”が難しい時代だとも言われてますが。

…という事で、今は、そんな風に考えてみたりしてるんですが、
自分の子供がその年齢になったら、
また違う考え方になるのかもしれません。
ほんと、子育ては、思うようにはならないらしいので(^^;


まぁ、中学校がどうこう、は、気が早いから別にしても、
たまひよみたいな、ママ同志の交流サイトとか見てると、
いや~ほんと色んな問題があるのね、と驚愕するばかりです。
私はこの子育ての荒波を乗り越えていけるのだろうか??
なんかあんまり色々見過ぎると、
不安になって胎教に良くなかったりして(^^;

そんな訳で、なんかモンモンとしてたのですが、
昨日、上野動物園のパンダ、シンシンに
子供が産まれたというニュースが!
奇しくも(?)うちの宝宝と同じ、辰年生まれじゃないか!(笑)
育児放棄をするパンダもいる、という事ですが、
シンシンはなかなか肝っ玉母さんらしく、
頑張って子育てしているそうです。
なんかちょっと励まされたというか、
私も頑張ろう!と思ったのでした。
…こういうトコ、単純だな~と思うんですけどね(^^;

ちょっと気分が明るくなってきたら、
気持ち悪く感じる事もあった胎動、
これも受け止め方が変わって来ました!
ぐい~っと蹴られたりする時、
その場所を触ったりすると、
自分の皮膚を通して、宝宝の足を触ったり、
手を触ったりしてる気分に!
産まれてくる事が、以前に増して、楽しみになって来ました。
最近、分娩・出産に対する恐怖というか、不安も
ちょっと出てきてた所だったんで(^^;

なんか、こんな風に、明るくなったり暗くなったり、
不安になったり楽しみになったりを繰り返しながら
親になっていくんですかね~(^^)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。