年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/01(木)   CATEGORY: 中華TV
最近見たテレビ番組
黄金周ですが、特に遠出の予定はないので、
アレコレと雑事を片づけたり、
たまった録画番組を見たりして過ごしています。

中国関係の物だと、「とりあえず…」と
録画しているので、ちょっと大変な事に…(^^;
HDDが満タンです。
消化消化~!

で、貧乏性なので、見た物の記録を取っておこうかな~、
という訳です。スミマセン…
【ディスカバリーチャンネル】
最近、良く中国関係の番組があるので、
ついつい録画してしまいます。
中国でもなく、日本でもない、欧米からの視点で作成された番組なので、
ちょっと冷静な感じが良いです。
そんなディスカバリーチャンネルから2番組を見ました。

1. 北京・世界最大の劇場

北京の、天安門広場のすぐ隣に完成した中国国家大劇院
これを建築の観点から紹介する番組でした。
…別に私は建築業界の人間じゃないのですが、
高虎さんのお芝居、「红玫瑰与白玫瑰」も、
この中国国家大劇院で演った、というのを覚えていたので、
どんな所か知りたい!と言う動機だけで録画しました(^^;

しかし、知らなかったのですが、この中国国家大劇院、
つい先日の2007年12月に完成したばかりだったとか!
という訳で、「红玫瑰与白玫瑰」も
~4月までの杮落し公演の1つだったようです。
1373982932_01_180.jpg

世界最大規模のドーム型劇場で、
中にはオペラハウス、コンサートホール、京劇の劇場があります。
銀色に輝く卵型のドームの外観には入口は無く、
周囲の人口湖の下をくぐりぬけて入っていくとか。
か~な~り斬新です!
また立地場所が凄い!
天安門広場の脇、人民大会堂の隣という事で、
周囲の伝統的な建造物とそぐわない!と市民に大反発をくらったとか。
(そりゃそうだろうな…)

設計は、フランスのポール・アンドリュー氏。
コンペ入賞とはいえ、外国人にこの国家的プロジェクトを任せたという事、
そしてポール氏が設計したシャルルドゴール空港の2004年5月崩落事故。
これら要因から、中国内での反発は相当なモノだったようです。
(空港の事故はポール氏の責任ではなかったようですが)

まず構想ありき、で、実際にどう建築していくかはその後、らしいですね(^^;
建築には7年もかかっているそうです。
特殊な形のドームである事、
北京の地盤が緩く地震が多いこと、風も強いこと、
黄砂での汚れをどうするか、
掘り下げて地盤沈下を招き、周囲の歴史的建造物を壊さないように、尚且つ、
隣の人民大会堂より高く作ってはダメという制限、
チタンパネルで覆った外壁に落ちる雨音が中まで響くのをどうするか、
内装も、壁が四角い方が音響が良いのに、
外観との統一性を重視し、曲線を描くように工夫…
等等、様々な苦労を経て、完成したそうです。
47400f254432d2cc96bde.jpg

う~ん。これは一度行ってみたいですね!



2. 水の町 麗江

私が麗江という町を知ったのは、
映画「単騎、千里を走る。」でなのですが、
あの映画の後、色々な媒体で麗江の名前を見かけるようになりました。
単騎、千里を走る。単騎、千里を走る。
(2006/09/22)
高倉健、リー・ジャーミン 他

商品詳細を見る

美しい水路と古い町並みが有名で、
今や年間500万人の観光客が訪れるとか。
張芸謀(チャン・イーモウ)監督が手掛けたという、
「印象・麗江」ショーなんていうのもあり、 ツアーの目玉だったりします。
昼間は古い建物の美しい瓦を眺め、夜には水路に燈籠を流します。
背後には玉龍雪山。
とにかく美しい街という印象でした。

あと有名なのは東巴(トンパ)文字。
この象形文字を施したアクセサリーを、一時期良く見かけました。

この街に住む、納西(ナシ)族の特徴は、順応性が高いこと。
漢族文化も良く吸収し、うまくミックスして現代に伝えているそうです。
そして、女性が働きもの!頭脳労働が男性の仕事なので、
家事も、肉体労働も、全て女性の肩にかかっているとか。
なので、彼女達の民族衣装は、肩の部分が厚くなっています。
重たい荷物を運ぶ時、痛くないように。
基本的に、少数民族の衣装は、どれも好きです。
刺繍とか染物とか銀細工とかチマチマしたの好きなんですよね~。

で、番組の内容ですが、
この麗江も観光地化される事の弊害を被っているようです。
観光客が街を汚す、というのもありますが、
観光客目当ての商売人が多数やってきて、
納西族のようなフリをし、
意味も良くわかっていない東巴文字の土産物を売ってひと儲け、
若い世代は古い町を出て新市街へ移り住み、
納西族の文化が失われていく事が懸念されています。
私も東巴文字はただの象形文字だとしか知らなかったのですが、
東巴教の経典が東巴文字で書かれている、
というのが、そもそもらしいのです。
なので、この経典を学ばなければ、本来の意味はわからないとの事。

行ってみたい土地だったのですが、
このように観光地化による弊害、などを聞くとちょっと躊躇しますね…。
あと、少数民族独自の文化を守ろう!というテーマだったので、
最近のチベット問題なども思い出してしまいました。
独自の文化ってやはり大事だと思います。
世界的に見ても、欧米化、均一化されると面白くないですもんね。

あと、関係ないですが、
BGMに「スウォーズマン」の方の「笑傲江湖」がかかっていて
反応してしまいました(^▽^)


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 私も~
まや | URL | 2008/05/01(木) 18:08 [EDIT]
麗江は、以前、世界遺産かなにかのTV番組で見て、
ぜひ行ってみたいと思っていました。
東巴文字が現在使用されている唯一の象形文字らしいってのも
興味をひかれましたし・・・。

>欧米化、均一化されると面白くないですもんね。

当の欧州でさえ、EUによって独自の文化の均一化が進むことを恐れ、
イタリア発祥のスローフード運動のような、
反グローバルの運動が活発に行われているほどです。

経済的な効率を志向すると、
均一化、グローバル化せざるをえない部分はありますが、
それぞれの歴史風土に合った独自の文化も、
大切に守ってほしいですよね・・・。

>「印象・麗江」ショーなんていうのもあり、

しかしなんでもやってるなあ、張芸謀(^^;
● コレ、観てみたいなぁ・・・。
| URL | 2008/05/02(金) 09:36 [EDIT]
>2. 水の町 麗江
高倉健や、寺島しのぶが出ているんですね!
この映画の存在を全く知りませんでした。
見てみたいなぁ・・・・。

>少数民族独自の文化を守ろう!
個々のアイデンティティを尊重し、認めることは、とても大切ですよね。
● 麗江
たくせん(謫仙) | URL | 2008/05/02(金) 12:59 [EDIT]
麗江のナシ族。
男は娶らず、女は嫁がす。という習慣が今でも守られているのにびっくりしました。わたしはこれが一番印象深かったな。
劇場では90歳にもなる長老が現役で出ていましたね。
そうそう。鹿鼎記の(元)沐府はこの街にあります。復元されていました。だからその部分は世界遺産ではないでしよう。
なお同じスタイルの新しい町を隣に建設していました。区別は……。
山がきれいだったのが印象的。

● >まやさんへ
阿吉 | URL | 2008/05/02(金) 21:17 [EDIT]
>ぜひ行ってみたいと
やはり行ってみたいですよね~!
この数年、やたらとTVで放映されるのは
何故でしょうか??
世界遺産認定は1997年なのですが・・・?

政治経済と文化、どちらも同じように
尊重出来ないものでしょうかね…。

>なんでもやってるなあ
かなり精力的にやってますよ~!(^^)
あと「印象・劉三姐」「印象・西湖」
というのもあるようで。
● >Dさんへ
阿吉 | URL | 2008/05/02(金) 21:27 [EDIT]
>この映画
高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」が
文化大革命後、初めて中国で上映された
外国映画だったそうで、
張芸謀監督が健さんに憧れていた
というのが、そもそも制作の発端だったとか。
「HERO」等より「あの子を探して」みたいな
味わいの映画でした。
仮面劇がひとつのテーマになっていたのも
私としては興味がありました。
タイトルもなんか好きで。
寺島しのぶの出演は最初と最後だけですね(^^;

>個々のアイデンティティを尊重
民族においても、個人においても大事ですよね!
● >たくせん(謫仙)さんへ
阿吉 | URL | 2008/05/02(金) 21:40 [EDIT]
>男は娶らず、女は嫁がす
母系社会で一妻多夫婚なんですね!
これは知らなかったです!
確かにオドロキ…。
兄弟に一人のお嫁さんですか…。
…羨ましいような、羨ましくないような(^^;
麗江に住んでいるのは
納西族Onlyではないようなので、
住民でも漢族とかは又違うのかもしれませんね。

>鹿鼎記の(元)沐府
そんなのもあるんですね!

麗江、色々と興味深い土地ですね。
やはり自分の目で見て見たいです。
といっても観光客目線で、ですが…(^^;

空心菜 | URL | 2008/05/02(金) 22:49 [EDIT]
麗江、行きました。
ちょうど2000年問題で騒がれているときだったので飛行機飛ばないんじゃない?と知り合いにからかわれたのですが、雲南省での2000年問題の対策は2000年になる5日前に始まったと現地で聞いてホントに帰れないかもしれないと心配したのを思い出します。
まぁ実際は何事もなく行ってこられたのですが(笑)
あと東巴文字、可愛いですよね。
自分の名前のハンコを作ってもらい、しっかり観光客してきました。
お土産に買った東巴文字の木皿もなかなか評判が良かったです。
雲南の人達は人が良くて不愉快な思いをしない中国旅行を初めてしました。
…私はどうも売り子が苦手で振り切れないんですよね;
● >空心菜さんへ
阿吉 | URL | 2008/05/03(土) 21:37 [EDIT]
>ちょうど2000年問題で
8年も前に行かれたのですね!
さすが、先見の明がお有りです!

>自分の名前のハンコ
良いですね~!私も欲しいかも・・・!

>雲南の人達は人が良くて
人情触れ合い旅(^^)w
現地の人と仲良くなるのも、
旅の醍醐味の一つですよね!
ほんと、番組見る限り、人が良さそうです!

>売り子が苦手
ハハハ!私は「売り子に負けない!」
をテーマに毎回、旅に挑みますが、
勝率は…!?
● 間違い!
たくせん(謫仙) | URL | 2008/05/05(月) 07:34 [EDIT]
ウワー、間違い。
「嫁がす」ではなくて「嫁がず」です。
でも意味は正しく伝わったようです。
女でなければ借金もできない。なんか昔の日本の男女を逆転したような話でした。
もちろん龍より鳳凰のほうが上。五仙教の藍鳳凰はイ族なのであてはまらないと思いますが。
● >たくせん(謫仙)さんへ
阿吉 | URL | 2008/05/05(月) 22:08 [EDIT]
>「嫁がす」ではなくて「嫁がず」です。
この習慣については知らなかったので、
その他色々調べて
解りましたので大丈夫です!?

>昔の日本の男女を逆転したような話
男尊女卑じゃなくて女尊男卑ですね。
男性は複雑な心境でしょうか…(^^;

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。