年年大吉
中国に関連するモロモロのつぶやきです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/04(水)   CATEGORY: 武侠ドラマ
ドラマ「碧血剣」 アクション監督★趙箭(チャオ・ジェン)
「碧血剣」のアクションが、「独特だなぁ~」という印象を持って
鑑賞していたのですが、
「地味だ!現実っぽい!」と感じたのは、
第1話、河原での集団戦の袁承志だけでした(^^;

3・4話を見てると、
その他の人についてはいつもどおり、
ハデにカッコよくパァ~ッとやってると思います(^^)
袁承志も、金蛇郎君の武芸を取り入れたりしたからか、
ハデになってきました(^^;
ロープに足で捉まったりとか…

金蛇郎君も”一人縦ウェーブ”というか、
凄い動きで地を這ってましたね~。
ああいうの、どこからヒントをもらうのでしょう??
やはり蛇から??
考え着いたとして、それを再現する技術も必要です。
あれはアクションというよりCG処理班が頑張ったと思います。

とにかく金蛇郎君の武芸は”怪技(くせわざ)”らしいので、
作る方も、いろいろ知恵を絞ってらっしゃるのでしょう!


このドラマ「碧血剣」のアクション監督は、趙箭(チャオ・ジェン)さんで、
いつも張P金庸ドラマで担当されてる方でした(^0^)/

ググってみると、
2005年12月6日とちょっと古いですけど、
趙箭監督へのインタビュー記事を見つけました。

以下、超~スッとばした意訳+私のつぶやき…
しかもかなり間違ってると思いますが、雰囲気だけでも、御紹介です…
中国語が解る方は、リンク先の原文をお読みください!
その方が間違いございません!!


趙箭は、1994年の張Pの「水滸伝」を皮きりに、
「笑傲江湖」、「射雕英雄伝」、「天竜八部」、「永楽英雄」などの
アクション監督を担当しました。
とりわけ、「碧血剣」は史実に基づく部分が多いドラマなので、
張Pから、「アクションも、その方向性で、
実在するものに近づけて欲しい」という要求がありました。
(↑だから地味だと思ったんですかね~)


「射雕英雄伝」の梅超風の”九陰白骨爪”では、
舞踊の要素を取り入れ、
照明や音楽などの要素も手伝って、
非常に印象的なアクションになりました。
(↑あの”九陰白骨爪”は超カッコイイです!)

しかし、「碧血剣」は各人物の性格等も考慮し、
刀剣などの武器以外を除いて、
特定のアクションを振り付けました。
たとえば玉真子の袖を払うアクションは、とても美しいです。
(↑これは楽しみですね!後半に登場するのでしょうか??)

風光明媚な武夷山で撮影しましたが、
岩壁は高く険しく、
機材が持ち込めなかった為、
役者の安全を考慮して(いろいろ取りやめた事があり)、
残念だった、と趙箭監督は言います。

明兵と反乱軍と清兵の三大軍事勢力の戦争の場面も、
いつもより多いです。

袁承志の竇智孔(ボビー・ドゥ)は
サーフィンをやってるので理解力もあり、とても良かったです。
そして残念ながら、温青青の黄聖依(ホァン・シェンイー)は
アクションの要求が大きいこともあり、努力はしてたけど、
監督の評価としては“差!”だったようです(^^;
(まぁ、アクションだけが演技の全てじゃないさ・・・ )



という訳で、
登場人物がそれぞれどんなアクションを見せてくれるのか???
今週も楽しみです!

【6/7追記】
Manboさんもコメント下さってますが、
昨夜、第5・6話を鑑賞して、
私も「…アクション現実的…かなぁ…?」
と首をかしげてしまいました(^^;
いや、非現実的だったら悪い、って訳じゃないんですけどね!
呂七先生、口から火吹いてた…怪獣か!!(爆)

まぁライターがあれば、私だって火くらい吹ける訳で
決して非現実的な技ではない訳ですけど…(^^;
時代はCG、華美で派手なモノを求めているのだなぁ!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Manbo | URL | 2008/06/04(水) 21:03 [EDIT]
DVDの最終巻には映像特典のメイキングとして
いろいろ製作者の話も入ってるんですが、
その中でも「現実的なものにした」って言われてましたね。
もちろん「コレで現実的かよ!」という突っ込みを
画面の前でしてしまいましたが…(笑)

同じメイキングで、黄聖依も
「アクションで二十回もリテイクもらっちゃったわ、hahaha」と言ってました。
逆に同じヒロインでも、何鉄手役の蕭淑慎は難しい役(殺陣)を
かなりうまいこと特徴付けて印象的に演じておりました。
「一目で性格がわかる」ような殺陣になっているので、乞うご期待ですよ。
(といっても、出てくるのはだいぶ先のことですが…)
● 訳ありがとうございます~!
ふたば | URL | 2008/06/04(水) 21:46 [EDIT]
私には呉越さん関連以外の記事を訳す気力&語学力が無いので…(笑) 武侠記事を読めて嬉しいです!これからもぜひお願いします~。

>特定のアクションを振り付け
うん、うん、キャラの個性が出てるな~と感じました!
今後のアクションも楽しみです~。

サーフィンしている竇智孔っていかにもって感じですね!
イメージしやすいな~。
● >Manboさんへ
阿吉 | URL | 2008/06/04(水) 23:02 [EDIT]
うぁぁ~!憧れのDVD特典映像!
メイキング~!!(^^)

>「現実的なものにした」
実在の人物も結構出てますけど、
金蛇郎君なんかは、結構非現実的かと…(爆)
金蛇剣は似たような物が現実にあるようですが。

>「一目で性格がわかる」
人によって武芸にも差がある方が
面白いですよね!楽しみです!!
● >ふたばさんへ
阿吉 | URL | 2008/06/04(水) 23:08 [EDIT]
ふたばさんが心血そそいで訳した
呉越さん関連の記事は本当におみごと!
…私なんて気分で書いちゃったので、
大ウソかもしれず、ドキドキです(^^;

やっぱり個性って大事ですよね~!
特徴的な方が、色々ツッコメて楽しいし!

>サーフィンしている竇智孔
袁承志キャラは
流行に乗りそうにもないですけどね~。
ご本人はイマドキな男子なんでしょうな!
サーフィンが武芸にも有効とは
私も知りませんでした(^^)

しうぐー | URL | 2008/06/05(木) 21:07 [EDIT]
「水滸伝」も、同じ方だったとは!
知らなかった~、DVD持ってるのに(笑)

「水滸伝」はすっごい男くさ~い感じでした。
玉真子、楽しみだな~。
● >しうぐーさんへ
阿吉 | URL | 2008/06/06(金) 00:45 [EDIT]
「水滸伝」見られたんですね~!
さすが~(^^)

玉真子、まだNECOさんの人物紹介には
出てきてないですよね!
どんなんでしょう???
良いヒールがいると、
ドラマがしまりますからね(^^)

| URL | 2008/06/08(日) 09:30 [EDIT]
碧血剣のアクションは、CGを大量投入されていないところが好きです。
でも、非現実となると・・・・(笑)
ま、夢中にさせてくれたら、それでよいです(・・ってコメントになっていない・・・笑)

>青青
あ~、やっぱり、彼女のアクションは、へたくそだったんだ!!
と、最初から、『う~ん???』と思っていたDは、
自分の目を認められたようで、何故か嬉しい(爆)

阿九や小慧など、目を見張る武芸を見せてくれる女侠が多いドラマなので、
青青の身体の固さとか、キレの悪さが目立つのかなぁ・・・。
● >Dさんへ
阿吉 | URL | 2008/06/08(日) 22:44 [EDIT]
>CGを大量投入されていない
そうなんですね~!
私はNECOさんの放送に合わせて
まだ第6話までしか見てないので、
既に全部見てらっしゃるDさんのお話は含蓄があります。
私も面白ければ良し!ですよ~(^^)

原作の感覚から行くと、女侠たちの腕前は、
小慧<青青<阿九<何鉄手
かなぁ…?と思っているので、
青青にはもうちょっと頑張ってほしいですね!

黄聖依さんは古装や武侠じゃなくて、
現代劇の方が似合う気がします…

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 年年大吉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。